横浜市で英語のインターナショナル・プレスクールなら
「アメリカの幼稚園」を目指す
HK International Motomachi

English immersion形式
(教室内はすべて英語だけ での保育・遊び)

子どもとの会話がいかに大切か

A study in Psychological Science shows how conversation — the interplay between a parent or caregiver and a child — ignites the language centers in a child’s brain. It’s the first study to show a relationship between the words children hear at home and the growth of their neural processing capacities — showing, in effect, that how parents talk to their children changes children’s brains.


心理学の研究では、親や子どもの世話をする者と子供との相互作用(交流)である会話が、子供の脳内の言語中枢をどのように刺激するのかを示しています。 家庭で聞く言葉と神経の処理能力の成長との関係を示す最初の研究であり、実際には親が子供と話す。その話し方が子供の脳を変えることを示しています。

Don’t just talk to your child; talk with your child. The interaction, more than the number of words a child hears, creates measurable changes in the brain and sets the stage for strong literacy skills in school.


あなたの子供に話しかけないでください;子供と一緒に話をしてください。子どもが聞く言葉の数よりも、より多くの相互作用(交流)の方が、子どもの脳に測定可能(相当な)な変化をもたらし、学校生活での強力な識字(読み書き)能力のお膳立てをしてくれます。

What Parents and Early Educators Should Know

•From infancy, parents should look for chances to have conversations with their child — even if it’s just responding to coos or gurgles.

•Conversational interplay between caregiver and child is enough to transform the biology of kids’ brains. The quality of these exchanges is more important than the quantity of words children hear.

•Conversation drives literacy skills and cognitive development across all socioeconomic levels, regardless parents’ income or education. It’s a powerful, actionable, and simple tool for all parents to use.

親と早期教育者が知っておくべきこと
幼児期から、親は子供と会話をするチャンスを求めるべきです。たとえそれが(驚きの)ほう、へえ、とか嬉しそうにするなどの反応であったとしても。子どもの世話をする者と子供の間の会話的な相互作用(交流)は、子供の脳を生物学を変えるのに十分です。これらの交流の質の方が、子供が聞く言葉の量よりも重要です。

会話は、親の収入や教育程度にかかわらず、すべての社会経済的レベルで識字(読み書き)能力と認知発達を大きく促進していきます。 会話は、すべての保護者が使用すべき、強力で実用的で簡単なツール(道具/手段)なのです。

“Obviously, a ‘conversation’ looks very different with much younger children: with infants, it might be taking turns exchanging giggles or coos; with toddlers, it might be repeating and expanding their sentences; and with older children, it might be asking ‘who, what, where, and how’ questions. Either way, it seems to be the interaction that best supports children’s language skills and the underlying neural development.”


「明らかに、小さな子供たちとの『会話』は大きく異なって見えるでしょう。例えば、幼児との場合には、交替で笑い声や(驚きの)へえなどを交わすかもしれないし、よちよち歩きの幼児の場合は、子どもの言葉を反復して文章を広げていくかもしれないし、また大きな子供との場合は、「だれが、なにが、どのようになどの質問を尋ねるかもしれません。どの方法であれ、子供の言語能力と基本的な神経発達を最もよく支えていくのは相互作用(交流)であるように思われます。」


心理学の研究では、親や子どもの世話をする者と子供との相互作用(交流)である会話が、子供の脳内の言語中枢をどのように刺激するのかを示しています。 家庭で聞く言葉と神経の処理能力の成長との関係を示す最初の研究であり、実際には親が子供と話す。その話し方が子供の脳を変えることを示しています。

Don’t just talk to your child; talk with your child. The interaction, more than the number of words a child hears, creates measurable changes in the brain and sets the stage for strong literacy skills in school.


あなたの子供に話しかけないでください;子供と一緒に話をしてください。子どもが聞く言葉の数よりも、より多くの相互作用(交流)の方が、子どもの脳に測定可能(相当な)な変化をもたらし、学校生活での強力な識字(読み書き)能力のお膳立てをしてくれます。

What Parents and Early Educators Should Know

•From infancy, parents should look for chances to have conversations with their child — even if it’s just responding to coos or gurgles.

•Conversational interplay between caregiver and child is enough to transform the biology of kids’ brains. The quality of these exchanges is more important than the quantity of words children hear.

•Conversation drives literacy skills and cognitive development across all socioeconomic levels, regardless parents’ income or education. It’s a powerful, actionable, and simple tool for all parents to use.

親と早期教育者が知っておくべきこと
幼児期から、親は子供と会話をするチャンスを求めるべきです。たとえそれが(驚きの)ほう、へえ、とか嬉しそうにするなどの反応であったとしても。子どもの世話をする者と子供の間の会話的な相互作用(交流)は、子供の脳を生物学を変えるのに十分です。これらの交流の質の方が、子供が聞く言葉の量よりも重要です。

会話は、親の収入や教育程度にかかわらず、すべての社会経済的レベルで識字(読み書き)能力と認知発達を大きく促進していきます。 会話は、すべての保護者が使用すべき、強力で実用的で簡単なツール(道具/手段)なのです。

“Obviously, a ‘conversation’ looks very different with much younger children: with infants, it might be taking turns exchanging giggles or coos; with toddlers, it might be repeating and expanding their sentences; and with older children, it might be asking ‘who, what, where, and how’ questions. Either way, it seems to be the interaction that best supports children’s language skills and the underlying neural development.”


「明らかに、小さな子供たちとの『会話』は大きく異なって見えるでしょう。例えば、幼児との場合には、交替で笑い声や(驚きの)へえなどを交わすかもしれないし、よちよち歩きの幼児の場合は、子どもの言葉を反復して文章を広げていくかもしれないし、また大きな子供との場合は、「だれが、なにが、どのようになどの質問を尋ねるかもしれません。どの方法であれ、子供の言語能力と基本的な神経発達を最もよく支えていくのは相互作用(交流)であるように思われます。」

「小さな子どもと睡眠」

私たちはどうして寝るのでしょうか? なぜ私たちは眠らなければならないのでしょうか?

ほとんどの人は、自分の体と心を休めるために眠るのだと答えるでしょう。


これはほとんど真実ではありません。睡眠は非活動的な時間ではありません。主に脳を活動させるために、睡眠は、多くの重要な処理、回復、および強化が起こる活動的な時間なのです。私たちが眠る理由は完全にはまだ理解されていませんが、最適な健康と幸福のために睡眠が必要であることはわかっています。


眠っている時には、私たちは記憶を強固にさせてまとめていきます。日中は、直接記録されることはありませんが、脳は多くの情報を取り入れます。まず、これらの事実と経験は処理されて保存される必要があります。一晩中、小さな情報は、短期記憶からより強い長期記憶へ移されます。これは「統合」と呼ばれるプロセスです。人間は眠った後、情報を保持し、記憶タスク(作業)をより良く行うことができることを示している研究があります。


筋肉を回復し、活性化させ、成長させ、組織を修復し、そして私たちを癒すために、私たちの身体すべては(成人さえも)長い時間の睡眠を必要とするのです。 しかし、子供たちー言語、社会的能力、運動神経の技能を習得している子供たちーは、大人よりもっと多くの睡眠を必要としています。


大人は一晩7〜9時間の睡眠が必要です。
1歳児は11〜14時間の睡眠が必要です。
小学生は9時間から11時間の睡眠が必要です。
10代は8時間から10時間までの睡眠が必要です。


成長と学習にとてこの重要な時期は、より若い人々は最適な発達と敏捷性のためには大量の睡眠(まどろみ・休止状態)を必要とします。


ある研究では、あなたが水準以下の睡眠生活では長時間頑張ることはできないし、それを補おうと突然多く寝ることは出来ない、ということがわかっています。それはうまく機能しません。健康に最も良いのは、可能な限り変化のない一貫した睡眠の量です。睡眠というのは、せいぜい1日か2日以内に “構成(実行)”されなければならないし、そうしなければ損傷を止める機会は失われて
しまいます。


ハーバード小児科医、エルシー・タベラス氏による新しい研究では、十分な睡眠を取っていない3歳から7歳の子供は、注意力、感情抑制、および仲間(友だち)との関係に問題がある可能性が高いと言います。

この研究では、就学前および小学校前半の年齢で十分な睡眠を取らない子供は、7歳ごろの時期に脳の活動機能が低下するリスク(危険性)が高いことが判明しました。これは、小さな年代の時期に定期的にどの程度の睡眠を取ったかという睡眠の量に直接左右されます。定期的に眠っていない子供とは、以下の時間を満たしていない子供のことです。


6ヵ月から2才までの12時間以上
3〜4年で11時間以上
5〜7歳で10時間以上

さらに残念なことは、これらの影響が長期的なものであるという事実です。十代の年齢になってもこのような傾向は続くのです。ですから、生まれてから5〜6歳までの睡眠時間は、学校へ行ってから良いパフォーマンス(成績・出来栄え)と世の中と子供の関係とかかわりがあるといった多くの理由から、きわめて重要なのです。

注:これと同じ研究グループによる以前の研究によると、幼いころの睡眠不足と、子供(幼年)期の肥満や一般的な健康状態の悪化などの進行中の健康問題と同じ関係が見られました。

おそらくこれは、十分に睡眠を取っていない子供たちは、友人を作ること、学校で注意を払うこと、食べることなどを含めて、自分の人生のあらゆる面で自己制御(自制心)に問題があることを意味しているのでしょう。